BLOG

日焼け止めってどれがいいの?

2020/06/14
日焼け止めにも色々なタイプがあるので紹介したいと思います。

こんにちは、ナオシ美容室スタイルストの大西です。

気温が一気に上がり暑くて汗をかくことが多くなりましたよね(・・;)
紫外線も強くて日焼け止めも必需品!!!
でも、日焼け止めにも種類があってどれお使おうか迷っている方もいるんじゃないかな?と思います。
今回は、日焼け止めの種類について紹介させていただきます。

その前に!!
よく記載されているSPF/PAってご存知ですか?

SPF

主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値
紫外線が当りだしてから日焼けしてしまうまで、人によって個人差がありますがだいたい15分~20分と言われています。

PA

主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値
+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。
肌への負担が大きい(シミ・シワ・たるみなど)

日常生活、買い物などの軽い外出:FPS10~20、PA+~PA++
屋外における軽い運動、レジャーなど:FPS20~30、PA++~PA+++
炎天下での長時間の運動、海水浴など:FPS30~50+、PA++~PA++++
すぐに赤くなる敏感肌の人が紫外線の強い場所に行く場合:FPS40~50+、PA++++

数値が高ければいいわけではなく、場面によって変えていただくほうが肌への負担は減るので選んで使ってください♪

日焼け止めの種類

スプレータイプ・・・さっぱりとした使用感が特徴で、スポーツやレジャー時の塗り直しにとても便利です。塗りにくい場所にもおすすめです。
しかし塗りむらができやすいといったデメリットもあります。

ジェルタイプ・・・のびがよくてさらっとしているのが特徴です。透明なものが多く、さっぱりとみずみずしい使用感ですので、べたつきが気になる方におすすめ。

ローションタイプ・・・のびがよく、お肌に塗布しやすいタイプです。化粧水のように液状のものが多いので、男性やお子様でも違和感が少なく使えます。

ミルクタイプ・・・お肌に優しくのびやすいタイプなので、敏感肌の方にもおすすめ。みずみずしく、しっとりとした使用感でお顔だけでなく、身体にも使いやすいです。

クリームタイプ・・・保湿力が高く、しっとりとしたタイプです。耐水性(ウォータープルーフ性)のものもあり、汗などによってもむらになりにくく高い遮光効果を維持できます。

パウダータイプ・・・お化粧の後に乗せる粉のタイプです。日常生活でのお化粧直しにも使えるます。

スティックタイプ・・・直接お肌に塗布するので密着性が高く、鼻、耳、唇、目のまわりなどをより丁寧にケアしたい場合に便利です。

付け心地なども違うので好みはあるかなと思いますので参考までに(^^)
日焼け止めでキレイな肌をキープしましょう!

Reservation

Salon Info

nao*c田原台店

大阪府四條畷市田原台4-6-1

TEL:0743ー79ー5154

nao*c 北大和店

奈良県生駒市北大和1-23-1

TEL:0743ー78ー7042

nao*c 富雄店

奈良県奈良市二名3-1046-1

TEL:0742ー47ー1817

nao*c アイラッシュ

奈良市二名3-1046-1

TEL:0742ー47ー1817

営業時間:9:00~

最終受付:カラー or パーマ17:00 / カット18:00

定休日:月曜日・第3日曜日

無料駐車場完備

#オージュア取扱サロン #オージュアソムリエ在籍 #マツエク #着付
#トータルヘアケアサロン #イルミナカラー #オーガニックカラー
#アディクシーカラー #アッシュカラー #ヘッドスパ
#美髪 #髪質改善

この記事を書いた人

大西 真奈

大西 真奈 編み込みヘアアレンジが得意です!!

編み込みヘアアレンジが得意です!!

Other posts

RELATES POSTS